13曲、45分

スタッフメモ

2002年の結成から、ソロ・プロジェクト、弾き語り、バンド編成などさまざまな形態での音楽活動を続けてきた2人組ユニット、カミナリグモ。山中さわお(the pillows)プロデュースによる待望のメジャー1stアルバムは、the pillows の佐藤シンイチロウ、fragments の鈴木淳、元くるりの森信行がゲスト・アーティストとして参加。「エレクトリカルパレード」を彷彿とさせるイントロから始まるポップで軽快なマーチ “こわくない”、エレポップな音色のキーボードとキャッチーなメロディが交錯するメジャー・デビュー曲 “ローカル線”、小気味良いリズムとアコギ、キーボードが絡み合うポップ・チューン “Red Baseball” など、キーボードを主体とした華やかなバンド・サウンドが、甘いボーカルを大いに引き立てている。叙情的だが凛とした表情の詩世界も彼らの大きな魅力だ。the pillows 好きはもちろん、彼らの持ち味であるビター・スイートは多くの音楽ファンに支持されることだろう。

スタッフメモ

2002年の結成から、ソロ・プロジェクト、弾き語り、バンド編成などさまざまな形態での音楽活動を続けてきた2人組ユニット、カミナリグモ。山中さわお(the pillows)プロデュースによる待望のメジャー1stアルバムは、the pillows の佐藤シンイチロウ、fragments の鈴木淳、元くるりの森信行がゲスト・アーティストとして参加。「エレクトリカルパレード」を彷彿とさせるイントロから始まるポップで軽快なマーチ “こわくない”、エレポップな音色のキーボードとキャッチーなメロディが交錯するメジャー・デビュー曲 “ローカル線”、小気味良いリズムとアコギ、キーボードが絡み合うポップ・チューン “Red Baseball” など、キーボードを主体とした華やかなバンド・サウンドが、甘いボーカルを大いに引き立てている。叙情的だが凛とした表情の詩世界も彼らの大きな魅力だ。the pillows 好きはもちろん、彼らの持ち味であるビター・スイートは多くの音楽ファンに支持されることだろう。

タイトル 時間

カミナリグモ その他の作品

他のおすすめ