6曲、38分

スタッフメモ

希代のベーシスト、チャーリー・ミンガスにとって珍しい方向性となった1960年発表の本作は、皮肉にも彼の特性を最大限に引き出す作品となった。Atlanticの黄金期を築いたプロデューサーNesuhi Ertegunは、ミンガスにブルースを主題に録音するよう提案した結果、意図せずして自身のルーツを掘り下げるようなプレイを展開することに。特筆すべきは、パーソナルなブルース的アプローチではないビッグコンボによる演奏であること。各楽器の深みあるアンサンブルが輝きと憂いを交互に帯して、重厚なストーリーを形成。作曲者としての才能にも注目が集まることになった。ブラス同士が激しく吹き合う"Wednesday Night Prayer Meeting"や"Cryin' Blues"など、全編にみなぎる白熱の演奏に震えが止まらない。

スタッフメモ

希代のベーシスト、チャーリー・ミンガスにとって珍しい方向性となった1960年発表の本作は、皮肉にも彼の特性を最大限に引き出す作品となった。Atlanticの黄金期を築いたプロデューサーNesuhi Ertegunは、ミンガスにブルースを主題に録音するよう提案した結果、意図せずして自身のルーツを掘り下げるようなプレイを展開することに。特筆すべきは、パーソナルなブルース的アプローチではないビッグコンボによる演奏であること。各楽器の深みあるアンサンブルが輝きと憂いを交互に帯して、重厚なストーリーを形成。作曲者としての才能にも注目が集まることになった。ブラス同士が激しく吹き合う"Wednesday Night Prayer Meeting"や"Cryin' Blues"など、全編にみなぎる白熱の演奏に震えが止まらない。

タイトル 時間

チャールズ・ミンガス その他の作品

他のおすすめ