18曲、52分

スタッフメモ

2001年のデビュー以来、名実ともにアメリカを代表する女性シンガーソングライターとして成長してきたアリシア・キーズが2016年にリリースした通算6作目のアルバム。アーティストであると同時に女性であり、妻であり、母親であり、アクティビストでもある彼女が自分自身と正面から向き合い、時にアグレッシブに、時にマイルドに、ありのままの想いをシンプルに、ソウルフルに表現した意欲作だ。また、彼女が生まれ育ったNYへのトリビュートという面もあり、NY出身の Nas とウータン・クランの曲のフレーズが響き、ハーレム出身のエイサップ・ロッキーがエモーショナルなラップを聴かせ、ジャズレジェンドのロイ・エアーズが "We Live In Brooklyn, Baby" のムードを奏でるなど、全編にNYへの強い愛着の念が感じられる。

スタッフメモ

2001年のデビュー以来、名実ともにアメリカを代表する女性シンガーソングライターとして成長してきたアリシア・キーズが2016年にリリースした通算6作目のアルバム。アーティストであると同時に女性であり、妻であり、母親であり、アクティビストでもある彼女が自分自身と正面から向き合い、時にアグレッシブに、時にマイルドに、ありのままの想いをシンプルに、ソウルフルに表現した意欲作だ。また、彼女が生まれ育ったNYへのトリビュートという面もあり、NY出身の Nas とウータン・クランの曲のフレーズが響き、ハーレム出身のエイサップ・ロッキーがエモーショナルなラップを聴かせ、ジャズレジェンドのロイ・エアーズが "We Live In Brooklyn, Baby" のムードを奏でるなど、全編にNYへの強い愛着の念が感じられる。

タイトル 時間

アリシア・キーズ その他の作品

他のおすすめ