11曲、57分

スタッフメモ

スティーヴ・コールマンやグレッグ・オズビーといったM-BASE派の気鋭のミュージシャンと共演し、1997年にはそのグレッグ・オズビーのプロデュースでBlue Noteからデビュー。その才能を広く世に知らしめたジェイソン・モラン。本作はBlue Noteの3作目。個性的な演奏で知られる彼の才気あふれるサウンドは、本作でサム・リヴァースのサックスを迎えてさらに充実したものになる。ベースはタルス・マーティン、そしてドラムはナシート・ウェイツ。気心の知れた鉄壁のミュージシャンをバックに、ハードバップとフリージャズを行き来する、敬愛するセロニアス・モンクを彷彿とさせる複雑巧緻なサウンドを生み出している。ジャズの伝統と未来を背負った天才ピアニストのエモーショナルなプレイからは、彼の率直で奥深いジャズへの熱意が感じ取れる。

スタッフメモ

スティーヴ・コールマンやグレッグ・オズビーといったM-BASE派の気鋭のミュージシャンと共演し、1997年にはそのグレッグ・オズビーのプロデュースでBlue Noteからデビュー。その才能を広く世に知らしめたジェイソン・モラン。本作はBlue Noteの3作目。個性的な演奏で知られる彼の才気あふれるサウンドは、本作でサム・リヴァースのサックスを迎えてさらに充実したものになる。ベースはタルス・マーティン、そしてドラムはナシート・ウェイツ。気心の知れた鉄壁のミュージシャンをバックに、ハードバップとフリージャズを行き来する、敬愛するセロニアス・モンクを彷彿とさせる複雑巧緻なサウンドを生み出している。ジャズの伝統と未来を背負った天才ピアニストのエモーショナルなプレイからは、彼の率直で奥深いジャズへの熱意が感じ取れる。

タイトル 時間

ジェイソン・モラン その他の作品

他のおすすめ