12曲、34分

スタッフメモ

1920年、ノースダコタ州ジェームズタウンに生まれ、幼い頃より歌手を志したペギー・リー。彼女が21歳の時、スウィングの王様ベニー・グッドマンの楽団に客演で参加したことがきっかけで、世の注目を集めた。そのハスキーかつ甘くメロウな声質で、独自のジャズヴォーカルスタイルを完成。本作では、サラ・ヴォーンの名演でも知られる"Black Coffee"を彼女らしい解釈で歌い上げている。デビューから15年、女優としての活動も含め、公私共に多くの経験を積み、最も脂の乗った時期にリリースされたこのアルバムで、コール・ポーターの"I've Got You Under My Skin"を軽妙に、そしてGeorge Gershwinの"It Ain't Necessarily So"をより切なく表現した。盟友ジミー・ロウルズのピアノやピート・カンドリのトランペットを軸とした小さなコンボが、ペギーの歌声の魅力をさらに引き立たせている。

スタッフメモ

1920年、ノースダコタ州ジェームズタウンに生まれ、幼い頃より歌手を志したペギー・リー。彼女が21歳の時、スウィングの王様ベニー・グッドマンの楽団に客演で参加したことがきっかけで、世の注目を集めた。そのハスキーかつ甘くメロウな声質で、独自のジャズヴォーカルスタイルを完成。本作では、サラ・ヴォーンの名演でも知られる"Black Coffee"を彼女らしい解釈で歌い上げている。デビューから15年、女優としての活動も含め、公私共に多くの経験を積み、最も脂の乗った時期にリリースされたこのアルバムで、コール・ポーターの"I've Got You Under My Skin"を軽妙に、そしてGeorge Gershwinの"It Ain't Necessarily So"をより切なく表現した。盟友ジミー・ロウルズのピアノやピート・カンドリのトランペットを軸とした小さなコンボが、ペギーの歌声の魅力をさらに引き立たせている。

タイトル 時間

ペギー・リー その他の作品