8曲、1時間12分

スタッフメモ

天賦の才能と自らの意志で、18世紀の管弦楽の伝統を変えたルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。彼の九つの交響曲の中でも特にベートーヴェンが曲の冒頭部分を “運命が扉を叩く音” と言い表した “交響曲第5番(Symphony No. 5)” はロマン派音楽の新しい方向性を打ち立てた事で知られている。リズミカルな “交響曲第7番(Symphony No. 7)” も高く評価され、好奇心を誘う第2楽章と熱狂的なフィナーレが特に広く支持されている。カルロス・クライバーが指揮したウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のレコーディングは、ベートーヴェンの名作をスリリングに演奏し、二つの交響曲に活力あるエネルギーをもたらしている。

スタッフメモ

天賦の才能と自らの意志で、18世紀の管弦楽の伝統を変えたルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。彼の九つの交響曲の中でも特にベートーヴェンが曲の冒頭部分を “運命が扉を叩く音” と言い表した “交響曲第5番(Symphony No. 5)” はロマン派音楽の新しい方向性を打ち立てた事で知られている。リズミカルな “交響曲第7番(Symphony No. 7)” も高く評価され、好奇心を誘う第2楽章と熱狂的なフィナーレが特に広く支持されている。カルロス・クライバーが指揮したウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のレコーディングは、ベートーヴェンの名作をスリリングに演奏し、二つの交響曲に活力あるエネルギーをもたらしている。

タイトル 時間

ウィーン・フィルハーモニー その他の作品

他のおすすめ