15曲、37分

スタッフメモ

「A Hard Day's Night」のリリース、世界ツアーに続いて1964年にリリースされたアルバム「Beatles for Sale」。この4thアルバムではバンドが持つユニークな二つの個性がはっきりと現れている。新たな音楽的、歌詞的アイデアを模索していた The Beatles が行った試みは、"Eight Days a Week" や "I'll Follow the Sun" で聴かれるフォークロック的サウンドや、1曲目 "No Reply" とそれに続く "I'm a Loser" でのジョン・レノンによるメランコリーなヴォーカルのメロディーラインなどで確認できる。その一方で、"Rock and Roll Music" や "Everybody's Trying to Be My Baby" のような、彼らのお気に入りのオールドスタイルのロックンロールでは、熱く燃えるような激しい演奏を披露している。

スタッフメモ

「A Hard Day's Night」のリリース、世界ツアーに続いて1964年にリリースされたアルバム「Beatles for Sale」。この4thアルバムではバンドが持つユニークな二つの個性がはっきりと現れている。新たな音楽的、歌詞的アイデアを模索していた The Beatles が行った試みは、"Eight Days a Week" や "I'll Follow the Sun" で聴かれるフォークロック的サウンドや、1曲目 "No Reply" とそれに続く "I'm a Loser" でのジョン・レノンによるメランコリーなヴォーカルのメロディーラインなどで確認できる。その一方で、"Rock and Roll Music" や "Everybody's Trying to Be My Baby" のような、彼らのお気に入りのオールドスタイルのロックンロールでは、熱く燃えるような激しい演奏を披露している。

タイトル 時間
15

ビートルズ その他の作品