スタッフメモ ディスコやパンクの影響のもとに作られた一枚かといえば、さにあらず。ヒットシングル"Miss You"にしてもいわゆるディスコではなく、ヒップホップを取り入れた"Undercover of the Night"(1983年リリース)同様、イカしたロックナンバーだ。アルバム全体を占めるのもスカスカのサウンドでシンプルゆえにダイナミックなロックへの原点回帰をうたっている。レゲエやファンクに接近した前作「Black and Blue」と比較しても非常にストレートなロックンロールという印象を受けるが、さまざまな音楽的影響を思いのままに操る彼らの音楽性が、より高度で複雑なニュアンスを擁するものへと昇華した賜物(たまもの)なのだろう。なかでも"Shattered"は、投げやりなリリックにニューウェーブなサウンドが最高にカッコいい。

1
4:48
 
2
4:20
 
3
4:38
 
4
4:36
 
5
3:11
 
6
4:23
 
7
3:07
 
8
3:24
 
9
4:25
 
10
3:46
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

  • ミス・ユー
    ミス・ユー
    ザ・ローリング・ストーンズ
  • ミス・ユー
    ミス・ユー
    ザ・ローリング・ストーンズ

ザ・ローリング・ストーンズ その他の作品

おすすめコンテンツ