スタッフメモ 2016年リリースの9作目のアルバム『頂き物』以来、約4年5か月ぶりとなるオリジナルアルバム。私小説的な作風を極めてきたシンガーシングライターゆえの生みの苦しみから一時は活動休止状態にあった彼女が、2018年のミニアルバム『ITALAN』の制作をサポートしたTomi Yo(トオミヨウ)、Shigekuniをサウンドプロデューサーに起用。打ち込みを交えたモダンな音像と、メロディを際立たせたアレンジによって心機一転を図っている。「箱庭」や「一日の終わりに」など、ライブで披露してきた楽曲に軸に、「恋しい」「鏡」「Tommy」といったシングル曲をはじめ、切なく美しいラブソングの数々に自身の音楽に対する情熱の高まりを投影し、アーティストとしての新境地を切り開いている。

1
2:19
 
2
7:14
 
3
3:36
 
4
3:55
 
5
3:59
 
6
2:58
 
7
5:01
 
8
6:09
 
9
6:29
 
10
5:02
 
11
0:53
 
12
2:20
 

安藤裕子 その他の作品

おすすめコンテンツ