32曲、2時間10分

スタッフメモ

ドイツ出身のクリスティアン・テツラフは、古典から現代作品まで幅広いレパートリーを誇り、旺盛な探究心を失わない、当代きっての名バイオリニストの一人。テツラフはその真摯な姿勢で、長い間バッハとの対話を続けてきた。楽譜を読み込むことで新しい発見を得る、と語る彼が、バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」を録音するのは、これが3度目。楽器の隅々にまでテツラフの神経が張り巡らされたかのような緻密で繊細な演奏は、神々しいまでに崇高な響きを聴かせる。バッハ作品の永遠性を改めて強く印象付ける作品だ。

スタッフメモ

ドイツ出身のクリスティアン・テツラフは、古典から現代作品まで幅広いレパートリーを誇り、旺盛な探究心を失わない、当代きっての名バイオリニストの一人。テツラフはその真摯な姿勢で、長い間バッハとの対話を続けてきた。楽譜を読み込むことで新しい発見を得る、と語る彼が、バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」を録音するのは、これが3度目。楽器の隅々にまでテツラフの神経が張り巡らされたかのような緻密で繊細な演奏は、神々しいまでに崇高な響きを聴かせる。バッハ作品の永遠性を改めて強く印象付ける作品だ。

タイトル 時間

クリスティアン・テツラフ その他の作品