14曲、57分

スタッフメモ

1993年にアルバム「俺に言わせりゃ」でデビューした宇多丸、Mummy-D、DJ JINの3人組、RHYMESTERが1999年にリリースしたサードアルバム。彼らがそのスタイルを確立させた金字塔といえる一作だ。それを象徴するのが、イントロの"R. E. S. P. E. C. T."から"キング オブ ステージ"、 "「B」の定義" 、"B-BOYイズム"とい続くアルバムのオープニング。彼らの代名詞とも言うべきフレーズをタイトルにした"キング オブ ステージ"では自らのストロングポイントを全面に打ち出し、"「B」の定義"では日本のヒップホップシーンの先駆者として知られるCRAZY-Aをゲストに迎えて自らの足元を再確認する。そして、日本のヒップホップ史に燦然と輝くクラシック中のクラシックとなった"B-BOYイズム" では、日本のすべてのヒップホップアーティストたちが試行錯誤してきた自らの存在意義自体を問うような大命題に一つの答えを出す。その後も、エンディングの"耳ヲ貸スベキ"から "リスペクト"まで、シンプルでファットなトラックと2人のMCのタイトなマイクリレーというヒップホップの王道スタイルで一切の隙もなく展開される。これぞまさに日本のヒップホップと呼ぶべきアルバムだ。

スタッフメモ

1993年にアルバム「俺に言わせりゃ」でデビューした宇多丸、Mummy-D、DJ JINの3人組、RHYMESTERが1999年にリリースしたサードアルバム。彼らがそのスタイルを確立させた金字塔といえる一作だ。それを象徴するのが、イントロの"R. E. S. P. E. C. T."から"キング オブ ステージ"、 "「B」の定義" 、"B-BOYイズム"とい続くアルバムのオープニング。彼らの代名詞とも言うべきフレーズをタイトルにした"キング オブ ステージ"では自らのストロングポイントを全面に打ち出し、"「B」の定義"では日本のヒップホップシーンの先駆者として知られるCRAZY-Aをゲストに迎えて自らの足元を再確認する。そして、日本のヒップホップ史に燦然と輝くクラシック中のクラシックとなった"B-BOYイズム" では、日本のすべてのヒップホップアーティストたちが試行錯誤してきた自らの存在意義自体を問うような大命題に一つの答えを出す。その後も、エンディングの"耳ヲ貸スベキ"から "リスペクト"まで、シンプルでファットなトラックと2人のMCのタイトなマイクリレーというヒップホップの王道スタイルで一切の隙もなく展開される。これぞまさに日本のヒップホップと呼ぶべきアルバムだ。

タイトル 時間

RHYMESTER その他の作品

他のおすすめ