スタッフメモ 前作『The Colour in Anything』から3年ぶり、2019年リリースの4作目となるフルアルバム。大いなる謎とともにデビューした孤独な鬼才は、やがて音楽の世界で愛を知り、仲間と出会い、世界の素晴らしさを知った。本作はジェイムス・ブレイクのキャリア史上においても大きく外にひらけた作品といえるだろう。2013年リリースの『Overgrown』がグラミー賞にノミネート、そして2010年代を決定づけたフランク・オーシャンの『Blonde』に参加することでアメリカでの成功を収めたジェイムス・ブレイクは、本作でMetro Boominにトラヴィス・スコット、ANDRÉ 3000というアメリカ音楽シーンのトッププレイヤーを起用。名だたるスターたちに助けを借りるどころか、彼らの新たな魅力を引き出すことで、エクスペリメンタルとポップを両立させるその手腕を証明した。

1
4:49
 
2
3:13
 
3
3:28
 
4
4:17
 
5
3:31
 
6
4:27
 
7
3:17
 
8
4:36
 
9
3:42
 
10
4:06
 
11
4:59
 
12
3:43
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

ジェイムス・ブレイク その他の作品

おすすめコンテンツ