Andrew Lloyd Webber: Symphonic Suites

アンドルー ロイド ウェバーによる、最も人気が高くロングランを続けている3つのミュージカル作品のフルオーケストラ・バージョンが登場した。『エビータ』『サンセット大通り』『オペラ座の怪人』といった作品は、大編成の管弦楽で鑑賞するにはうってつけで、アルバムはまさにデラックスといえる。これらの作品が、新しいシンフォニックな衣装を身にまとうような強力なインパクトを伴って組曲となり、さらにそれぞれが放つサウンドは、明らかに異なる音世界を形成している。録音はロイド ウェバーが所有するロンドンのドルリーレーンにあるシアター・ロイヤルにて超高音質で収録。このアルバムは2020年のパンデミック後、ウエストエンドに再び活気が戻ることを願う、まさに輝きを放つファンファーレのようだ。ロイド ウェバーが優れたメロディメイカーであることを改めて証明している。

国または地域を選択

アフリカ、中東、インド

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ、カリブ海地域

米国およびカナダ