19曲、49分

スタッフメモ

90年代中盤、第2のGreen Dayを巡るレーベル争奪戦の中、所属レーベルのEpitaph Recordsに残ってリリースしたサードアルバム。バンドの代表作として愛される名作でもある。タイトルはパンク詩人、ジム・キャロルの『マンハッタン少年日記』からの引用で、キャロル本人も"Junkie Man"に客演。よく引き合いに出されるザ・クラッシュはもちろん、UKオイ!パンク直系の哀愁あるメロディ、さらに前身バンドであるスカコアのオリジネーター、Operation Ivyを思い出させるスカパンクチューンまで、単なるリヴァイヴァリストではなく、彼らがまさしくストリートパンクスであることを伝える一枚。熱いシンガロングパートはもちろん、Matt Freemanのベースソロもたっぷり堪能でき、ベイエリア出身のパンクバンドらしい爽快な名曲を多数収録している。

スタッフメモ

90年代中盤、第2のGreen Dayを巡るレーベル争奪戦の中、所属レーベルのEpitaph Recordsに残ってリリースしたサードアルバム。バンドの代表作として愛される名作でもある。タイトルはパンク詩人、ジム・キャロルの『マンハッタン少年日記』からの引用で、キャロル本人も"Junkie Man"に客演。よく引き合いに出されるザ・クラッシュはもちろん、UKオイ!パンク直系の哀愁あるメロディ、さらに前身バンドであるスカコアのオリジネーター、Operation Ivyを思い出させるスカパンクチューンまで、単なるリヴァイヴァリストではなく、彼らがまさしくストリートパンクスであることを伝える一枚。熱いシンガロングパートはもちろん、Matt Freemanのベースソロもたっぷり堪能でき、ベイエリア出身のパンクバンドらしい爽快な名曲を多数収録している。

タイトル 時間

Rancid その他の作品

他のおすすめ