9曲、33分

スタッフメモ

日本のポストロック・シーンの先駆者であるバンド、NINE DAYS WONDER の元メンバーによって結成されたドラムとキーボードのユニット、mouse on the keys。新たにプロジェクションとキーボードのメンバーを加え、4人編成となった彼らの約1年7ヶ月ぶりのアルバム「an anxious object」は、スリリングなバンド・アンサンブルで聴き手を圧倒する衝撃作である。ピアノの静かな伴奏によるナンバー “completed nihilism” でアルバムの幕を開けると、続く “specters de mouse” ではジャジーなピアノと豪快なロック・ドラムとが相まって、新生 mouse on the keys の壮大かつ深淵な世界を見せつける。圧巻のリズムワークに軽快なピアノのフレーズが重なる “forgotten children”、壮大なピアノ・バラード “ouroboros” など、mouse on the keys のミニマルながらもダイナミックなサウンドがじっくりと味わえる全9曲。インスト・ロックの極北とも言える mouse on the keys の世界はただただ圧巻だ。

スタッフメモ

日本のポストロック・シーンの先駆者であるバンド、NINE DAYS WONDER の元メンバーによって結成されたドラムとキーボードのユニット、mouse on the keys。新たにプロジェクションとキーボードのメンバーを加え、4人編成となった彼らの約1年7ヶ月ぶりのアルバム「an anxious object」は、スリリングなバンド・アンサンブルで聴き手を圧倒する衝撃作である。ピアノの静かな伴奏によるナンバー “completed nihilism” でアルバムの幕を開けると、続く “specters de mouse” ではジャジーなピアノと豪快なロック・ドラムとが相まって、新生 mouse on the keys の壮大かつ深淵な世界を見せつける。圧巻のリズムワークに軽快なピアノのフレーズが重なる “forgotten children”、壮大なピアノ・バラード “ouroboros” など、mouse on the keys のミニマルながらもダイナミックなサウンドがじっくりと味わえる全9曲。インスト・ロックの極北とも言える mouse on the keys の世界はただただ圧巻だ。

タイトル 時間

mouse on the keys その他の作品

他のおすすめ