スタッフメモ 『Amici e Rivali』(Friends and Rivalsの意)は、ベルカントテノールの黄金時代に光を当てるアルバム。19世紀の初頭、ロッシーニは軽やかかつ華やかに歌い上げるテノールをフィーチャーしたオペラを次々と生み出した。それらのオペラを歌ったAndrea Nozzari、Giovanni David、Manuel Garciaといった当時のスターテノールを現代によみがえらせるのは2人の米国のオペラ歌手、マイケル・スパイアーズとローレンス・ブラウンリーだ。両者ともロッシーニのスペシャリストであり、作曲家の作風を熟知した上で、ソロでも、デュエットでも、アイルランドのメゾソプラノTara Erraughtや3人目のテノールであるXabier Anduagaとの共演でも、卓越した技術で見事な歌を聴かせてくれる。プログラムも素晴らしく、イタリア人指揮者Corrado Rovarisとヴィルトゥオージの優美な演奏がアルバムを上品に仕上げている。

8:40
 
3:37
 
3:25
 
5:57
 
4:10
 
1:43
 
4:19
 
7:00
 
4:47
 
12
4:49
 
5:37
 
5:27
 

Corrado Rovaris, ヴィルトゥオージ, マイケル・スパイアーズ & ローレンス・ブラウンリー その他の作品

おすすめコンテンツ