スタッフメモ 1994年にリリースされたセカンドアルバム。Warpレーベルが主導したリスニング型エレクトロニックミュージックシリーズ「Artificial Intelligence」の一作品としてリリースされたファーストアルバム「Incunabula」と比べ、よりAutechreの個性が発揮された作品となっている。そんな本作の魅力は、なんといってもキャリア史上最もメロディアスといわれる点だろう。センチメンタルなメロディと太いビート、かすかに感じられるハードコアテクノの狂騒の反響音。彼らの音楽シーンに対する客観性と、構築美への飽くなき探究心が産んだ、知的かつエモーショナルなエレクトロニックミュージックである。

1
6:04
 
2
7:15
 
3
5:31
 
4
6:21
 
5
6:15
 
6
8:00
 
7
3:40
 
8
10:07
 
9
6:37
 
10
7:48
 
11
6:45
 

Autechre その他の作品

  • LP5
    LP5
    1998
  • Oversteps
  • Exai
    Exai
    2013
  • Quaristice
  • EP7
    EP7
    1999
  • PLUS
    PLUS
    2020
  • Move of Ten

おすすめコンテンツ

他のおすすめ