All 'n' All

アース・ウィンド・アンド・ファイアー

All 'n' All

本国アメリカではダブルプラチナアルバムに輝く好セールスを記録した1977年の作品。"宇宙のファンタジー" という邦題も有名な "Fantasy" の大ヒットによって、日本にも EW&F 旋風が到来。長岡秀星のジャケットイラストも注目され、以後数年にわたるコラボレーションの始まりとなった。サウンド面では、より洗練度を増したバンドアンサンブルを核としつつ、ホーン/ストリングスを中心に客演ミュージシャンが多数参加。トニーニョ・オルタやミルトン・ナシメントによるインタールードの採用や、デオダートの参加など、ブラジル/ラテン音楽との積極的な混交も本作を特徴づけている。ラスト曲 "Be Ever Wonderful" で聴けるモーリス・ホワイトの絶唱は、まさに永遠の美しさ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14

その他のバージョン