11曲、42分

スタッフメモ

英国から約2か月遅れのリリースとなった米国版「Aftermath」は、アルバムカバーだけでなく収録曲数や曲順など異なる点がいくつかある。"ジャガー/リチャーズ"クレジットのオリジナル曲だけで占められているのは同じだが、英国版の14曲から3曲を省き、"Mother's Little Helper"に代えて"Pain It Black"を収録しているのが大きな違い。どちらも英米でシングルカットされ大ヒットしているが、やはり後者の比類のないアレンジと鬼気迫る演奏は圧巻。ミック・ジャガーが"COLORIST=彩色演奏家"と称賛したブライアン・ジョーンズのミュージシャンシップも随所で光る。ビートルズにも負けない独創性と多面的な魅力を発揮した本作は、全米2位に輝いている。

スタッフメモ

英国から約2か月遅れのリリースとなった米国版「Aftermath」は、アルバムカバーだけでなく収録曲数や曲順など異なる点がいくつかある。"ジャガー/リチャーズ"クレジットのオリジナル曲だけで占められているのは同じだが、英国版の14曲から3曲を省き、"Mother's Little Helper"に代えて"Pain It Black"を収録しているのが大きな違い。どちらも英米でシングルカットされ大ヒットしているが、やはり後者の比類のないアレンジと鬼気迫る演奏は圧巻。ミック・ジャガーが"COLORIST=彩色演奏家"と称賛したブライアン・ジョーンズのミュージシャンシップも随所で光る。ビートルズにも負けない独創性と多面的な魅力を発揮した本作は、全米2位に輝いている。

タイトル 時間
11

ザ・ローリング・ストーンズ その他の作品