4曲、32分

スタッフメモ

テナーサックス奏者ジョン・コルトレーンが1965年にリリースした本作について、その素晴らしさや意義を語ることは不可能に等しく、また現実的でもないだろう。単に言葉を綴ることはできても、彼の作品を評価するなど無理な話である。ここでは、ただ事実のみを伝えることにしよう。このアルバムのレコーディングにはドラマーのエルヴィン・ジョーンズ、ピアニストのマッコイ・タイナー、そしてベーシストのジミー・ガリソンが参加し、コルトレーンの非凡な創造性が頂点に達した瞬間をとらえた一枚となった。これまでの彼の経験が全て結集したような楽曲の数々であり、一方でこのアルバム後の彼の音楽は大激変を遂げ、実験的なサウンドへと移行する。だがこの1964年12月に行われたレコーディングセッションは、コルトレーンが歴史にその名声を刻んだ理由の確かな証拠であり、ジャズシーンを永遠に変えることとなった唯一無二の傑作である。

Mastered for iTunes

スタッフメモ

テナーサックス奏者ジョン・コルトレーンが1965年にリリースした本作について、その素晴らしさや意義を語ることは不可能に等しく、また現実的でもないだろう。単に言葉を綴ることはできても、彼の作品を評価するなど無理な話である。ここでは、ただ事実のみを伝えることにしよう。このアルバムのレコーディングにはドラマーのエルヴィン・ジョーンズ、ピアニストのマッコイ・タイナー、そしてベーシストのジミー・ガリソンが参加し、コルトレーンの非凡な創造性が頂点に達した瞬間をとらえた一枚となった。これまでの彼の経験が全て結集したような楽曲の数々であり、一方でこのアルバム後の彼の音楽は大激変を遂げ、実験的なサウンドへと移行する。だがこの1964年12月に行われたレコーディングセッションは、コルトレーンが歴史にその名声を刻んだ理由の確かな証拠であり、ジャズシーンを永遠に変えることとなった唯一無二の傑作である。

Mastered for iTunes
タイトル 時間

ジョン・コルトレーン その他の作品