10曲、42分

スタッフメモ

1978年にリリースされた記念すべきファーストアルバム。あれよあれよとチャートを急上昇した、疾走感あふれるラテン調のディスコソング"勝手にシンドバッド"で颯爽(さっそう)とスタートする本作だが、ヴォーカリスト、桑田佳祐のトレードマークとなる巻き舌の歌い口や、男女の下心を巧妙にしのばせた言語感覚などと相まって、このデビュー曲がリスナーにどれだけ鮮烈な印象を残したかは今でも想像に難くない。さらにはしっとりとしたブラジリアンポップス "別れ話は最後に"やモータウン調の"当って砕けろ"、そして"レゲエに首ったけ"ときて、桑田が愛するリトル・フィートへのオマージュをタイトルに込めた"いとしのフィート"へと繋がっていく。それにしても恐ろしいのはイントロダクションで異国情緒感を匂わせておいて、いつの間にか彼らの持ち味である同時代の洋楽文化と歌謡曲のハイブリッドへとシームレスに変化させていく、その天性の才だろう。コミカルに見えて、実は真面目な音楽的素養に裏打ちされた彼らが後に国民的バンドとなる、その一歩を刻んだいつまでも色あせない一作。

スタッフメモ

1978年にリリースされた記念すべきファーストアルバム。あれよあれよとチャートを急上昇した、疾走感あふれるラテン調のディスコソング"勝手にシンドバッド"で颯爽(さっそう)とスタートする本作だが、ヴォーカリスト、桑田佳祐のトレードマークとなる巻き舌の歌い口や、男女の下心を巧妙にしのばせた言語感覚などと相まって、このデビュー曲がリスナーにどれだけ鮮烈な印象を残したかは今でも想像に難くない。さらにはしっとりとしたブラジリアンポップス "別れ話は最後に"やモータウン調の"当って砕けろ"、そして"レゲエに首ったけ"ときて、桑田が愛するリトル・フィートへのオマージュをタイトルに込めた"いとしのフィート"へと繋がっていく。それにしても恐ろしいのはイントロダクションで異国情緒感を匂わせておいて、いつの間にか彼らの持ち味である同時代の洋楽文化と歌謡曲のハイブリッドへとシームレスに変化させていく、その天性の才だろう。コミカルに見えて、実は真面目な音楽的素養に裏打ちされた彼らが後に国民的バンドとなる、その一歩を刻んだいつまでも色あせない一作。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.4/5
27件の評価

27件の評価

ピースアンドハイライト

待ってた!

未だに聴き続けている不朽の名作!
この粗削りで、だけど洗練された音楽を皆さん聴いてください!
サンバ、歌謡曲、レゲエ、リトルフィート、湘南ソング、ボサノバ。そこに桑田のシャウトが入り混じる、訳のわからないエネルギーを感じることだと思います。
コーラスの原さんの声も初々しくて素敵です!

狙撃される的

デビュー間もないファーストアルバムとは思えぬクオリティ

「勝手にシンドバッド」は不朽の名曲ですが、個人的には、「当って砕けろ」もなかなか良い曲だと思いますよ

矢沢総理大臣

ようやく

みなさん、待ちに待ちましたね。

サザンオールスターズ その他の作品

他のおすすめ