9曲、33分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.3/5
44件の評価

44件の評価

いこ00

確かに曲選はもったいない

確かにアーティストとして序盤ならともかく、成熟してきた彼女にはもうこれ以上の実力があるのは火を見るよりも明らかで、わざと落として軽くしてある曲選はちょっともったいないなぁという印象は否めないですね。
けど、彼女はこういうのも歌い上げられる実力はもちろんあり、軽く聴ける手嶌葵としてこれはこれで良いのかな…と思います。
女性は特に聴きやすいのではないでしょうか。素敵です。

なんだかんだ、私が一番聴き込んでいる最高のアーティストです。ゲド戦記の人とよく言われますが、そこにとどまらずもっとたくさんの歌声を聴いていたいです。
手嶌さん、いつも私に幸福と安堵感をありがとう。

次回は更に成長した彼女の深い楽曲とも会いたいですね。
このアルバムには関係のない話なのですが、いつも感じることは彼女の楽曲には大袈裟な曲調はいらないですね。
ただ質のいい音楽があればいいのです。シングル曲よりアルバム曲の方が質が高いというのはある意味すごいと思う。曲が彼女の邪魔をしちゃうんですよね。
今回も、結局曲選のチープさが彼女の歌を抑えてしまっている印象です。
それとも、チープな曲でも深く歌えるような成長が必要なのか…
プロデュースする方も、是非手嶌葵でなければいけない歌を生かしてあげて欲しいですね。

中辛カレールウ

鉄壁の防御壁で囲まれたサナトリウム

の如き、まことに清廉なアルバムではあるのですが
はて、手嶌葵ってこんなだったっけ?という思いも少なからずするのであります。
根底に眠っている陰を隠して、目一杯明るく振る舞っているような痛々しさ。
年齢から考えても、この内容で出すなら5年遅いのではないかな。
あどけなさの残る風貌に似合わぬ大人の世界で魅了してきた彼女なのですから
ピュアよりも色気を漂わせたアルバムを聴きたいのです。

freeplan

素晴らしい!

彼女のルーツが感じられる作品です。スタンダードをこんなにうまく歌い上げられるのって、今の若いアーティストでも彼女くらいではないでしょうか。

また曲選も素晴らしいです。どれも音楽史に残る名曲で、いい具合に彼女の良さを引き出しています。

また、ジャケットも40年代、50年代を感じられてすごく良いです。

この曲達をチープと呼んでしまうのはとても悲しいことです。過去の偉大なミュージシャンが大切に歌い、演奏して引き継いで来たものです。

手嶌さんにはスタンダードアルバムをこれからも出し続けて欲しいです。

手嶌葵 その他の作品

他のおすすめ