12曲、46分

スタッフメモ

7thアルバム「ランドマーク」は、全メンバーが作曲者としてクレジットされる初の試みとなり、なおかつ3.11以降のVo.後藤の心情が吐露されるという、バンドとパーソナルのせめぎ合いとも言える内容のアルバムとなっている。チャットモンチーの橋本絵莉子がコーラス参加の “All right part2” で本作は幕を開け、U2 を思わせるディレイの効いたギターと歪んだボーカルが特徴的な “N2”、そして数え歌のようなヴォーカルが面白い “1.2.3.4.5.6. Baby” へとなだれ込む。この流れだけで、本作のポップ+実験+メッセージという特色が分かるはずだ。中でも “それでは、また明日” のバンド初期のサウンドを現在視点でアップデートしたかのようなサウンドはそのことが最も顕著に表れた1曲だ。過去をすべて受け止め、未来へ向かう。そんなメッセージが聴こえてくる。

スタッフメモ

7thアルバム「ランドマーク」は、全メンバーが作曲者としてクレジットされる初の試みとなり、なおかつ3.11以降のVo.後藤の心情が吐露されるという、バンドとパーソナルのせめぎ合いとも言える内容のアルバムとなっている。チャットモンチーの橋本絵莉子がコーラス参加の “All right part2” で本作は幕を開け、U2 を思わせるディレイの効いたギターと歪んだボーカルが特徴的な “N2”、そして数え歌のようなヴォーカルが面白い “1.2.3.4.5.6. Baby” へとなだれ込む。この流れだけで、本作のポップ+実験+メッセージという特色が分かるはずだ。中でも “それでは、また明日” のバンド初期のサウンドを現在視点でアップデートしたかのようなサウンドはそのことが最も顕著に表れた1曲だ。過去をすべて受け止め、未来へ向かう。そんなメッセージが聴こえてくる。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.6/5
92件の評価

92件の評価

サスケ好き

それでは、また明日最高

僕は、NARUTOの映画の主題歌だったそれでは、また明日を聞いて初めてこのバンドを知りました。
それでは、また明日最高です。

my comical romance

傑作。

このアルバムと前作を聴いていると、それ以前のアルバムが聴けなくなるくらいすばらしい。
今までのアジカンは”うた”のバンドだったと思うけど、ここ2作で質感みたいなものに目覚めて、”音”のバンドになったような気がする。
ラスト、アンセム級の”アネモネ~”はpixiesの"where is my mind?"みたいでかっこいい。歌詞も傑作。

たきの

震災色の濃いアルバム

前作から約二年ぶりのアルバムで「マジックディスク」ではPOPな楽曲が多く
個人的に楽しめました。ですが2011年3月11日からの災害から曲の内容や
リズムがガラリと変わってしまった気がしアジカンらしくない社会を皮肉った内容の曲が多く
「震災色の濃いアルバム」というイメージが強く個人的にはあまり好みのアルバムではありません。。

ASIAN KUNG-FU GENERATION その他の作品

他のおすすめ