14曲、36分

スタッフメモ

人気と音楽性ともに急成長を遂げた時期の彼らを集約した2011年リリースの2作目となるフルアルバム。激しいギターリフとデスヴォイスのシャウトで幕を開ける"KiLLiNG ME"や、メタリックなリフと浮遊感のあるオートチューンコーラスの"SUCCUBUS"、CrossfaithのKoieがゲストヴォーカルで参加した"I Hate U"など、感情をあらわにしたアグレッシブな表現が聴く者を刺激する。東日本大震災を受けて書き上げた最終曲"A SONG OF HOPE"では、一転、ヴォーカルのMAHの抑えた感情が響き渡る。彼らの出自であるレゲエパンクの要素は控えめであるものの、細かなアレンジの要素やダブ的なエフェクト処理にそのエッセンスが散りばめられた作品となっている。

スタッフメモ

人気と音楽性ともに急成長を遂げた時期の彼らを集約した2011年リリースの2作目となるフルアルバム。激しいギターリフとデスヴォイスのシャウトで幕を開ける"KiLLiNG ME"や、メタリックなリフと浮遊感のあるオートチューンコーラスの"SUCCUBUS"、CrossfaithのKoieがゲストヴォーカルで参加した"I Hate U"など、感情をあらわにしたアグレッシブな表現が聴く者を刺激する。東日本大震災を受けて書き上げた最終曲"A SONG OF HOPE"では、一転、ヴォーカルのMAHの抑えた感情が響き渡る。彼らの出自であるレゲエパンクの要素は控えめであるものの、細かなアレンジの要素やダブ的なエフェクト処理にそのエッセンスが散りばめられた作品となっている。

タイトル 時間

SiM その他の作品

他のおすすめ