8曲、31分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.7/5
29件の評価

29件の評価

KatohMasafumi

タイムリー過ぎる元気になれるアルバム!!

 ギターポップバンドにはどうしても「ライブハウスくささ」が漂うもので、そこが逆にこのジャンルを好きな理由であったりもしたわけですが、……どうしたメレンゲっ?!何があったっ?!前作「シンメトリー」もかなりのお気に入りアルバムだったのですが、いきなり1曲目の「旅人」でぶっ飛ばされました。ジョン・クーガー・メレンキャンプやボブ・シーガーなどの80年代アメリカン・ロックを彷彿とさせるようなリズムとピアノメロ。圧倒的なポジティヴ!!突き抜けるような透明感!!明日が楽しみになるメジャーコード!!その歌詞にも涙して、前のめりで聴き終えました。
 その後の曲達にも、厚みと共に今までのメレンゲには無かった「軽み」が加わり、そう、これが「肩の力が抜けた」というヤツだな、と感動。4曲目の「アルカディア」なんて、メロディや歌はメレンゲ節なのですが、かつてのメレンゲだったらこうはしなかっただろう、という「優しい力強さ」に溢れています。
 「ムーンライト」でも、中盤からの展開にまたまた涙。ほんとにほんとに、何があったんだ、メレンゲっ?!
 「火の鳥」なんて、これもかつてのメレンゲだったらもっと重い作品になっていたはず。しかし、曲が展開していくうちに引きずり込まれていくのを感じます。
 このアルバムは、アルバム購入をお勧めします。まとめて聴き終えたとき、明日に向かって新しい一歩を踏み出す元気が自分の中に生まれているのをはっきりと感じることができます。

メレンゲ その他の作品

他のおすすめ