3曲、13分

タイトル 時間

評価とレビュー

5.0/5
5件の評価

5件の評価

Kiiro123

「新しい言葉と技術」で挑戦した秀作

表現で感動的、感傷的に書くのは難しくない。この曲はどちらにもふれずに曖昧な境界表現に「新しい言葉と技術」で挑戦した秀作。曲を追う程に開かれる工夫の深さに驚く。3曲が素晴らしいバランスで組み立てられ、さらに1曲1曲のバランスも見事というしかない。はかなさの演奏のまま使われるカットアップ。不協和音に足をかけピボットターンをするような粘りのある表現。一見、控えめに見えて、よく切れるスイスナイフのようなVOCAL。緻密で真摯な仕事に素直に尊敬の念を抱きます。

STARBOARD その他の作品

他のおすすめ