12曲、40分

スタッフメモ

作品をリリースするごとに新しいサウンドに挑戦し、音楽リスナーからの大きな支持と信頼を勝ち取っている2人組ロック・バンド、くるり。ニューヨークで大々的にレコーディングを行なった前作「魂のゆくえ」から一転、9thアルバム「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」は、彼らの地元、京都を中心にすべて国内でレコーディングを行なった作品。本作では、サポート・ドラマーの bobo と3人で仕上げたという、3ピースによるシンプルなサウンドが基調となっている。フォーク・ソング風の “さよならアメリカ” や、盆踊り風情を感じさせる “東京のレレレ”、温かみのあるサウンドがほんわかした気分にさせる “温泉” など、どこか肩の力を抜きつつ、じわじわと胸を熱くさせるような不思議な温度感を持ったナンバーが印象的。松任谷由実とのコラボレーションによって生まれた “シャツを洗えば” や、夏の原風景を唄った “麦茶” といった、素朴なモチーフの中にも魔法のような広がりを感じさせる。長く聴き続けたい1作だ。

スタッフメモ

作品をリリースするごとに新しいサウンドに挑戦し、音楽リスナーからの大きな支持と信頼を勝ち取っている2人組ロック・バンド、くるり。ニューヨークで大々的にレコーディングを行なった前作「魂のゆくえ」から一転、9thアルバム「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」は、彼らの地元、京都を中心にすべて国内でレコーディングを行なった作品。本作では、サポート・ドラマーの bobo と3人で仕上げたという、3ピースによるシンプルなサウンドが基調となっている。フォーク・ソング風の “さよならアメリカ” や、盆踊り風情を感じさせる “東京のレレレ”、温かみのあるサウンドがほんわかした気分にさせる “温泉” など、どこか肩の力を抜きつつ、じわじわと胸を熱くさせるような不思議な温度感を持ったナンバーが印象的。松任谷由実とのコラボレーションによって生まれた “シャツを洗えば” や、夏の原風景を唄った “麦茶” といった、素朴なモチーフの中にも魔法のような広がりを感じさせる。長く聴き続けたい1作だ。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.2/5
86件の評価

86件の評価

配色図鑑

くるり節

日本の独自文化を内包したロック。

スパイデェメン

さっぱり~

くるり聞いてない人でも聞きやすいアルバムですね
欲の無い透き通った音色がとても心地いいです

さかなくんごっこ

地に足をつけて歩いていこうと思いました。

一度聴いただけで口ずさめてしまう。そんな歌メロを持った曲がずらりと並ぶ、2010年の日本に生まれた極上のロック歌謡アルバム。
トータル41分、味付けあっさりなので何度でも繰り返し聴いてしまうんです。
ベストトラックは「さよならアメリカ」で!後半の<泡のよう>のアルペジオが重なってくる所にいつも泣かされてしまいます。

くるり その他の作品

他のおすすめ