12曲、1時間2分

スタッフメモ

前作から約2年が経過した2010年12月1日にリリースされた衝撃作。タイトルや収録内容は直前まで明かされず、バンド側はプロモーション活動を一切行わないという異例づくめでの発売だったが、作品としてはバランスの良い構成になっている。劇場版『ONE PIECE』の主題歌として書かれ、配信限定で先行発表された"fanfare"が唯一のシングル曲。また、歌詞における比喩表現が話題になった"擬態"、前年のライブで演奏され、当初からファンからの評価が高かったバラード"365日"と、まさにこのバンドらしいメロディアスなポップソングが収録されている。これまで培ってきた彼らのエネルギーが存分に発揮された秀作。

スタッフメモ

前作から約2年が経過した2010年12月1日にリリースされた衝撃作。タイトルや収録内容は直前まで明かされず、バンド側はプロモーション活動を一切行わないという異例づくめでの発売だったが、作品としてはバランスの良い構成になっている。劇場版『ONE PIECE』の主題歌として書かれ、配信限定で先行発表された"fanfare"が唯一のシングル曲。また、歌詞における比喩表現が話題になった"擬態"、前年のライブで演奏され、当初からファンからの評価が高かったバラード"365日"と、まさにこのバンドらしいメロディアスなポップソングが収録されている。これまで培ってきた彼らのエネルギーが存分に発揮された秀作。

タイトル 時間

Mr.Children その他の作品