13曲、49分

スタッフメモ

モデルとして活躍しながら2004年にシンガーとしてデビューし、瞬く間にシーンを代表するポップ・アイコンとなった木村カエラが2007年にリリースした3rdアルバム。アーティストとしての彼女の魅力が遺憾なく発揮された1枚。 FOE の會田茂一、アスパラガスの渡邊忍、クラムボンの mito 、ビート・クルセイダース、 NATSUMEN の A×S×E と蔦谷好位置、亀田誠治、根岸孝旨、ニルギリス、ファラーのジェズ・アシャースト、 toe 等、個性あふれるアーティストたちとの共作から生まれた楽曲は、全曲シングル候補だったというほどの佳曲ぞろい。個性派アーティストたちがそれぞれ “木村カエラ” という素材で好き勝手に遊んでいるような自由さが、おもちゃ箱をひっくり返したような、色彩豊かでバラエティに富んだ作品にしている。ただ、彼女もそれぞれの曲の個性に飲み込まれてしまうことなく、むしろ自分のサウンドにして遊んでいるかのような豊かな表現力を発揮していて、木村カエラというアーティストの魅力を最大限に引き出すという理想的な結果を生み出している。

スタッフメモ

モデルとして活躍しながら2004年にシンガーとしてデビューし、瞬く間にシーンを代表するポップ・アイコンとなった木村カエラが2007年にリリースした3rdアルバム。アーティストとしての彼女の魅力が遺憾なく発揮された1枚。 FOE の會田茂一、アスパラガスの渡邊忍、クラムボンの mito 、ビート・クルセイダース、 NATSUMEN の A×S×E と蔦谷好位置、亀田誠治、根岸孝旨、ニルギリス、ファラーのジェズ・アシャースト、 toe 等、個性あふれるアーティストたちとの共作から生まれた楽曲は、全曲シングル候補だったというほどの佳曲ぞろい。個性派アーティストたちがそれぞれ “木村カエラ” という素材で好き勝手に遊んでいるような自由さが、おもちゃ箱をひっくり返したような、色彩豊かでバラエティに富んだ作品にしている。ただ、彼女もそれぞれの曲の個性に飲み込まれてしまうことなく、むしろ自分のサウンドにして遊んでいるかのような豊かな表現力を発揮していて、木村カエラというアーティストの魅力を最大限に引き出すという理想的な結果を生み出している。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
30件の評価

30件の評価

くりすぴあん

私達の大切な宝物♪

どれだけ首を長くして待ったことか……。
ホント宝物のようなアルバムです。
亀田誠治(スピッツP・dolphin)、根岸孝旨(元CoccoP・JOEY BOY)など
優れたプロデューサー陣が切磋琢磨して珠玉の名曲を並べた名盤です!
かつて小室哲哉・岡村靖幸P等を抱えた渡辺美里を思い浮かべます。

ロック色は薄れたけれど、ギターポップがカエラには個人的には合っている
と思います。目指すは日本のアヴリル、ミシェル!

お薦めは根岸Pの「JOEY BOY」「Honey B」!ノリノリです!

べんべん

いーーーーーねっ!!(^。^)

全部シングル候補だったんだって。

(Scratchもか?)

動物から飲み物やら果物やらタイムスリップやら子どもやら、歌詞の世界がひろいねー。

曲もノリノリからじっくり聴かせるものまで幅広い。

何より声に迫力があるから聴いてみて損はないよ。

じゃむちゃん

いいアルバムです

前作と比べポップス寄りのアルバムですが、その分聞き易くなっています。
アルバムとして13曲きちんと緩急がついた、いいアルバムです。
シングル曲の「Magic Music」「Snowdome」「TREE CLIMBERS」はもちろんですがアルバム曲がいいので、アルバムで買うことをお勧めします。
通して聞くことでカエラワールドにはまれる事間違いなしです。

木村カエラ その他の作品

他のおすすめ