10曲、45分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
2件の評価

2件の評価

Pinebook2

ヨーロッパ三部作の第二弾

 今回はパリオペラオーケストラとの競演ということもあり、「輪舞-ロンド-」が最高。といいたいところですが、
以外にも「都に雨の降るごとく」があまりにも和風過ぎることもあり極端に目立ってしまっているというアルバムです。
 しかしながら、全体的にオペラ調に仕上がっており、完成度としては非常に高い作品になっています。
 まず、「愚かしく美しく」の淋しい感じからはじまったと思えば「秋のホテル」で一気にアダルト調の節回しに持っていってます。
そして「アデュー巴里」で再び淋しい感じに持っていったと思えば「約束の”パレット”」「輪舞-ロンド-」で再び盛り上げて、
いよいよ谷村新司風のパリ音楽が始まると思ったら一気に「都に雨の降るごとく」で和風に。といった感じです。

谷村新司 その他の作品

他のおすすめ