10曲、45分

スタッフメモ

前作から4か月後にリリースされた12作目のオリジナルアルバム。「思いきり気障な人生」から続いた阿久悠と大野克夫の作詞・作曲コンビによる3部作の最後を飾る本作は、愛をテーマにしたコンセプトアルバム。前2作と同じくアレンジャーに船山基紀を迎え、羽田健太郎(Key)や矢島賢(G)、岡沢章(B)ほか、一流のスタジオミュージシャンがバックを務め、バラードからロック調、演歌調などバラエティーに富んだ楽曲が収録された。さまざまな愛の形が描かれている本作で特に注目すべきは、シングル曲にも選ばれた"LOVE (抱きしめたい)"。1978年の日本レコード大賞で最優秀歌唱賞を獲得した沢田研二のヴォーカルは、はかなくも悲しい歌詞の勘所を見事にえぐり出している。

スタッフメモ

前作から4か月後にリリースされた12作目のオリジナルアルバム。「思いきり気障な人生」から続いた阿久悠と大野克夫の作詞・作曲コンビによる3部作の最後を飾る本作は、愛をテーマにしたコンセプトアルバム。前2作と同じくアレンジャーに船山基紀を迎え、羽田健太郎(Key)や矢島賢(G)、岡沢章(B)ほか、一流のスタジオミュージシャンがバックを務め、バラードからロック調、演歌調などバラエティーに富んだ楽曲が収録された。さまざまな愛の形が描かれている本作で特に注目すべきは、シングル曲にも選ばれた"LOVE (抱きしめたい)"。1978年の日本レコード大賞で最優秀歌唱賞を獲得した沢田研二のヴォーカルは、はかなくも悲しい歌詞の勘所を見事にえぐり出している。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.3/5
6件の評価

6件の評価

けんけん6

声の艶って意味を理解できた

この時期のジュリーって声の艶っていうのかな?これをすごく感じます。
若い時期の「勢い」とは違い、ボーカリストとして絶頂期にあった彼のすごさを感じました。
この時期の作品をこうやって入手できること、ホント幸せに感じています。

沢田研二 その他の作品

他のおすすめ