10曲、48分

スタッフメモ

昭和後期の歌謡界きってのシンガー “ジュリー” こと沢田研ニが最高に輝いていた時期のアルバム。 "勝手にしやがれ" "憎みきれないろくでなし" "サムライ" "さよならをいう気もない" とシングル・ヒットを4曲収録している。まさに彼が時代の寵児だった頃の作品で、オリジナル・アルバム中では最大のセールスを残すこととなった。全10曲の楽曲スタッフはすべてが作詞・阿久 悠、作曲・大野克夫、編曲・船山基紀という黄金のトリオで構成。唄い手の沢田は、さながら、そうした熟練の演出・脚本家たちによる映画の主役を演じているかのようだ。どの楽曲もドラマチックだが、年上の女性との甘く切ない恋であったり、微妙な関係を迎えた男女の別れ際を描いたような曲が多いのは、危うさを漂わせる29歳当時の沢田の魅力に依ったものだろう。ブラスやストリングスを使用した派手なアレンジに乗るその歌声には色艶があり、それでいてしなやか。ていねいで繊細な表現力も素晴らしい。彼のセクシーなたたずまいとトンガった感覚が絶妙なバランスで歌に還元されていた時代の逸品である。

スタッフメモ

昭和後期の歌謡界きってのシンガー “ジュリー” こと沢田研ニが最高に輝いていた時期のアルバム。 "勝手にしやがれ" "憎みきれないろくでなし" "サムライ" "さよならをいう気もない" とシングル・ヒットを4曲収録している。まさに彼が時代の寵児だった頃の作品で、オリジナル・アルバム中では最大のセールスを残すこととなった。全10曲の楽曲スタッフはすべてが作詞・阿久 悠、作曲・大野克夫、編曲・船山基紀という黄金のトリオで構成。唄い手の沢田は、さながら、そうした熟練の演出・脚本家たちによる映画の主役を演じているかのようだ。どの楽曲もドラマチックだが、年上の女性との甘く切ない恋であったり、微妙な関係を迎えた男女の別れ際を描いたような曲が多いのは、危うさを漂わせる29歳当時の沢田の魅力に依ったものだろう。ブラスやストリングスを使用した派手なアレンジに乗るその歌声には色艶があり、それでいてしなやか。ていねいで繊細な表現力も素晴らしい。彼のセクシーなたたずまいとトンガった感覚が絶妙なバランスで歌に還元されていた時代の逸品である。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
31件の評価

31件の評価

ともみんn42

初期のベスト盤!

当時、シングルカットされた曲が4曲とサムライのB面ですが、超カッコいい あなたに今夜はワインをふりかけ
など、文句なしのアルバムです。最後の ママ・・・・・ もこのアルバムを締めくくるドラマティックな曲です。
1枚すべてを聞いて、初期のベストにして傑作なり!!

今泉 圭童

帰ってきたスーパースター

中学時代、ジュリーとビリー・ジョエルが僕のスーパースターだった。
「勝手にしやがれ」と「マイ・ライフ」を、アナログ版が擦り減るまで聞いていたものだ。
その「勝手にしやがれ」を収めたのがこれ。
他にも「憎みきれないろくでなし」「サムライ」「あなたに今夜はワインをふりかけ」など
ヒット曲も収録されているが、個人的なお勧めは表題作。最初のフレーズでグッとくる方もいるのでは?

ryotaero2

なぜ無いの?

 みなさんもご存知のとおりジュリーの最高傑作はLOVE(抱きしめたい)です。
どうしてiTunesに無いのでしょうか、ジュリーにしか歌うことが出来ないであろうこの曲は必聴です。
僕の見落としかな?

沢田研二 その他の作品

他のおすすめ