13曲、53分

スタッフメモ

1985年のバンド結成以来、常にファンキーでゴキゲンなスカ・サウンドでオーディエンスの身体を揺らしてきた東京スカパラダイスオーケストラ(以下、スカパラ)が2006年にリリースしたトータル13枚目のオリジナル・アルバム。インストゥルメンタルを基本とするスカパラが2002年のアルバム「Stompin' On DOWN BEAT ALLEY」にも匹敵する豪華なゲスト・ボーカルを起用したことでも話題になった。そのゲスト・ボーカリストとは、“星降る夜に -The Star Spangled Night- -Album Mix-” の元ザ・ブルー・ハーツ/ザ・ハイロウズ→現ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト、“サファイアの星 - The Star of Sapphire -” の CHARA 、“追憶のライラック - Reminiscent Lilac -” のハナレグミこと永積タカシという面々。それぞれのアーティストの “声” という “楽器” の良さは最大限に活かしつつも、出来上がったサウンドはどこから聴いてもスカパラ印。“ゴッドファーザー愛のテーマ 〜Love Theme From "The Godfather"〜” なんて選曲からしてワイルド。期待を裏切ることのない、スカパラならではのサウンドが目一杯楽しめる1枚だ。ちなみにこの年、今作をひっさげての "Wild Peace Tour" はベトナムでの公演、ヨーロッパツアーも含み5ヶ月間で70本を数え、バンド史上最大最長のツアーとなった。そんな勢いも感じるアルバムだ。

スタッフメモ

1985年のバンド結成以来、常にファンキーでゴキゲンなスカ・サウンドでオーディエンスの身体を揺らしてきた東京スカパラダイスオーケストラ(以下、スカパラ)が2006年にリリースしたトータル13枚目のオリジナル・アルバム。インストゥルメンタルを基本とするスカパラが2002年のアルバム「Stompin' On DOWN BEAT ALLEY」にも匹敵する豪華なゲスト・ボーカルを起用したことでも話題になった。そのゲスト・ボーカリストとは、“星降る夜に -The Star Spangled Night- -Album Mix-” の元ザ・ブルー・ハーツ/ザ・ハイロウズ→現ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト、“サファイアの星 - The Star of Sapphire -” の CHARA 、“追憶のライラック - Reminiscent Lilac -” のハナレグミこと永積タカシという面々。それぞれのアーティストの “声” という “楽器” の良さは最大限に活かしつつも、出来上がったサウンドはどこから聴いてもスカパラ印。“ゴッドファーザー愛のテーマ 〜Love Theme From "The Godfather"〜” なんて選曲からしてワイルド。期待を裏切ることのない、スカパラならではのサウンドが目一杯楽しめる1枚だ。ちなみにこの年、今作をひっさげての "Wild Peace Tour" はベトナムでの公演、ヨーロッパツアーも含み5ヶ月間で70本を数え、バンド史上最大最長のツアーとなった。そんな勢いも感じるアルバムだ。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.4/5
19件の評価

19件の評価

Spank69

音に気持ちが入ってる!!

スカパラの歌ものは本当に良いですね。
今回のアルバムでも詩がすごく良い。
感動した。
歌もの以外でも腰が浮いてくるようなのりの良い曲ばかりで大好きです。
ライヴに行きたくなりました。

静御前。

[PINZORO]もおすすめですよ。

このアルバムの4曲目に入っている[PINZORO]っていう曲は,最近知りました。
去年放送された[逃亡者(のがれもの)おりん]という時代劇のエンディング曲で流れていたそうで,そこで初めて聴きました。
(熊本では最近になって放送されているけどね。)
時代劇に"スカパラ"の曲もカッコイイじゃないですか!! おすすめですよ。

ロックユー

いいアルバムです

スカパラのことは様々なメディアで目・耳にする機会は多かったが、実際に彼らのアルバムを手にすることは今までありませんでした。
今回、たまたまラジオで耳にした「星降る夜に~」がすごく良かったので思い切ってアルバムを購入してみたところ、これがことのほか良かった。
この夏のBGMになりそうです。

東京スカパラダイスオーケストラ その他の作品

他のおすすめ