スタッフメモ RADWIMPSが2020年の夏にリリースしたシングル。ゆったりと力強く広がるサウンドスケープに乗せて、夏の逃れがたい高揚感や、はかないきらめきを描き出すナンバーだ。楽曲の後半にはホーンセクションの演奏が挿入され、ドラマチックに盛り上がるアレンジとなっている。本作について野田洋次郎(Vo/G/Piano)は、「2019年に夏を感じながらこの曲を作り始めました。まさか2020年が(新型コロナウイルスの感染拡大によって)こういう夏になるとは思っていなかったですが……僕にとって思い入れが強い曲になりました」と語る。

楽曲が生まれた経緯について野田は、「僕ら、季節をテーマにした曲ってそんなになくて。夏にフォーカスして、自分が感じる夏というものを、一度RADWIMPS流に、ストレートに表現したいという思いが強かったんです。歌詞の中にも、夏の美しさだったり、はかなさだったり、やんちゃさであったりという情緒みたいなものが全部一つの曲に込められた気がして、気に入っています」と振り返る。

また、「2020年は、何をするにもソーシャルディスタンスを意識してしまうので、多くの人が集まって何かを体験するということが難しいですよね。そこで、この曲によって僕たちが持っている共通意識としての夏が頭の中でよみがえって、輝いてほしいなと思いますし、またそういう夏が戻ってくるんだという期待を込めて聴いてくれたらうれしいなと思います」と語ってくれた。

カップリングには、歌詞を英語にした「夏のせい(English Version)」を収録している。同じメロディで日本語と英語の歌詞を書き分けることの難しさについて野田は「言語が違うと、使う小節数や拍数が確実に違うんですよね。同じことを日本語と英語で言うとき、だいたい英語だと半分で済むんですよ。つまり、残りの半分は言葉を、物語を足さないといけないんですね。それが楽しくもあり、大変でもあります」と胸の内を明かした。ぜひそのあたりにも注目して、日本語バージョンと英語バージョンを聴き比べてみてほしい。

ソング
夏のせい
1
5:43
 
夏のせい (English Version)
2
5:42
 

ミュージックビデオ

RADWIMPS その他の作品

おすすめコンテンツ