スタッフメモ ベートーヴェンの作品の中で最も楽しさを感じさせる楽曲のひとつである三重協奏曲を、3人の演奏家が独奏する。アンネ=ゾフィー・ムターとヨーヨー・マは1985年にカラヤンの指揮で共演しており、美しく息のあった音色は今も変わらない。ピアノのダニエル・バレンボイムとともに繰り広げられる演奏は、愛らしい室内楽のようであり、3人のソリストがそれぞれ生き生きと喜びを感じながら主題を奏でている。ライブならではの臨場感も魅力だ。『交響曲第7番』はバレンボイムにとって4回目の録音で、生まれ故郷であるブエノスアイレスでライブ収録されたもの。愛情と威厳あふれる指揮によって、若いオーケストラから最大限の躍動感を引き出している。

ソング
Triple Concerto in C Major, Op. 56
ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調 作品56: 第1楽章: Allegro (Live at Philharmonie, Berlin / 2019)
1
 
ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調 作品56: 第2楽章: Largo - attacca (Live at Philharmonie, Berlin / 2019)
2
 
ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調 作品56: 第3楽章: Rondo alla Polacca (Live at Philharmonie, Berlin / 2019)
3
 
Symphony No. 7 in A Major, Op. 92
交響曲 第7番 イ長調 作品92: 第1楽章: Poco sostenuto - Vivace (Live at CCK, Buenos Aires / 2019)
4
 
交響曲 第7番 イ長調 作品92: 第2楽章: Allegretto (Live at CCK, Buenos Aires / 2019)
5
 
交響曲 第7番 イ長調 作品92: 第3楽章: Presto - Assai meno presto (Live at CCK, Buenos Aires / 2019)
6
 
交響曲 第7番 イ長調 作品92: 第4楽章: Allegro con brio (Live at CCK, Buenos Aires / 2019)
7
 

ミュージックビデオ

アンネ=ゾフィー・ムター, ヨーヨー・マ, ダニエル・バレンボイム & ウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ その他の作品