10曲、40分

スタッフメモ

2017年の「PINK」、2018年の「SAFARI」に続き、サウンドプロデューサーにTomi Yoを迎えたシティポップ3部作の完結編。内に秘めているBLUE(憂鬱)と外にあふれ出しそうなPASSION(情熱)という相反する言葉をアルバムタイトルに掲げ、複雑化した社会を生きる現代人の葛藤を浮き彫りにする。時代に左右されない真の美しさを問う"美しい顔"、思春期の自分と対話する"RADIO"、1990年代的なサウンドで過去の恋に想いを馳せる"That Summer"など、時間軸を自在に行き来しながら優美な人生哲学が語られる。エレクトロを基調としたトラックと知的かつ詩的なリリックが心に響く。

スタッフメモ

2017年の「PINK」、2018年の「SAFARI」に続き、サウンドプロデューサーにTomi Yoを迎えたシティポップ3部作の完結編。内に秘めているBLUE(憂鬱)と外にあふれ出しそうなPASSION(情熱)という相反する言葉をアルバムタイトルに掲げ、複雑化した社会を生きる現代人の葛藤を浮き彫りにする。時代に左右されない真の美しさを問う"美しい顔"、思春期の自分と対話する"RADIO"、1990年代的なサウンドで過去の恋に想いを馳せる"That Summer"など、時間軸を自在に行き来しながら優美な人生哲学が語られる。エレクトロを基調としたトラックと知的かつ詩的なリリックが心に響く。

タイトル 時間

土岐麻子 その他の作品