13曲、57分

スタッフメモ

「ギタリズム」シリーズの6作目であり、前作から10年ぶりに完成したアルバム。元BOØWYのリズム隊である、ベースの松井常松とドラムの高橋まこととの31年ぶりの共演が実現した"Thanks a Lot"では、時を経ても変わらない3人の圧倒的なバンドグルーヴを披露して話題を呼んだ。この楽曲で歌われる「自由になれよ」というメッセージはアルバム全体に貫かれており、"Give It To The Universe"ではMAN WITH A MISSION、"Clone"ではCorneliusと新機軸のコラボレーションを行い、新たな扉を開けた。さらに森雪之丞によるサイバーパンクを指向するような未来的な歌詞に、布袋のギターが見事に融合し合ってハイブリッドな世界観を演出している。

スタッフメモ

「ギタリズム」シリーズの6作目であり、前作から10年ぶりに完成したアルバム。元BOØWYのリズム隊である、ベースの松井常松とドラムの高橋まこととの31年ぶりの共演が実現した"Thanks a Lot"では、時を経ても変わらない3人の圧倒的なバンドグルーヴを披露して話題を呼んだ。この楽曲で歌われる「自由になれよ」というメッセージはアルバム全体に貫かれており、"Give It To The Universe"ではMAN WITH A MISSION、"Clone"ではCorneliusと新機軸のコラボレーションを行い、新たな扉を開けた。さらに森雪之丞によるサイバーパンクを指向するような未来的な歌詞に、布袋のギターが見事に融合し合ってハイブリッドな世界観を演出している。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.0/5
33件の評価

33件の評価

swbcarrera

さすがCornelius!

なんとも言えない癖になる!布袋とギタリの差別化がポイントになるけど、もっと実験的なものになるとイイなー。

やっぱこっちー♪♪

Gシリーズ看板背負って…

ただのアルバムでは無く、Gシリーズアルバムとしての今度こそ期待も持っていいのかなぁ???
1.2.3.4の時の様な世界観期待、持って良い?

あの時に聴いたGシリーズの一つの独特な物語の様な1枚ずつ個性のあるアルバム聞きなぁー。

シングル曲はあえてアルバムに収録しなかった頃が懐かしく、最高でした!

Gの看板がただのセールスアピールだけでは無い事、節に願います。

サクラtoさくら

マジ?

最新の布袋が最高の布袋は、今や遥か遠い遠い昔話。

布袋寅泰 その他の作品