10曲、49分

スタッフメモ

前作「U-Miz」での高揚と自由奔放な世界を押し広げたことで、アーティストとしての留まることなき創造力が爆発した90年代型ユーミンを象徴する大傑作。荒井由実風の歌唱とそれに呼応する、盟友、鈴木茂のギタートーンで新旧ファンの心をわしづかみにする"Hello, my friend"や、後に音楽教科書にも採用された"春よ、来い"のような名曲中の名曲が収録されていることもあり正統感がありつつも、横尾忠則の手による極彩色なジャケットが導き出す通り、内容は実はかなりサイケデリックな仕上がり。アラビックな旋律と唱法を引用したエキゾチックな名品"砂の惑星"、ECM風のピアノアルペジオが大きな世界を演出する"Good-bye friend"、カントリーブルースチューン"Lonesome Cowboy"、モダンなサウンドメイクでロミオとジュリエットを描き出した"Oh Juliet"と多彩なサウンドコンセプトで聴く者を翻弄し、魅了する。

スタッフメモ

前作「U-Miz」での高揚と自由奔放な世界を押し広げたことで、アーティストとしての留まることなき創造力が爆発した90年代型ユーミンを象徴する大傑作。荒井由実風の歌唱とそれに呼応する、盟友、鈴木茂のギタートーンで新旧ファンの心をわしづかみにする"Hello, my friend"や、後に音楽教科書にも採用された"春よ、来い"のような名曲中の名曲が収録されていることもあり正統感がありつつも、横尾忠則の手による極彩色なジャケットが導き出す通り、内容は実はかなりサイケデリックな仕上がり。アラビックな旋律と唱法を引用したエキゾチックな名品"砂の惑星"、ECM風のピアノアルペジオが大きな世界を演出する"Good-bye friend"、カントリーブルースチューン"Lonesome Cowboy"、モダンなサウンドメイクでロミオとジュリエットを描き出した"Oh Juliet"と多彩なサウンドコンセプトで聴く者を翻弄し、魅了する。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.7/5
3件の評価

3件の評価

小石川原町13番地

GET AWAY

アルバムで一番好きなのは[時のないホテル]なんですが、ユーミンの全作品の中だけで選ぶとGET AWAYが大好きでエンドレスで何回も聴いて飽きないです❣️ 高校生の頃を思い出して感傷に浸ってしまいますね❗️[LAUNDRY GATEの想い出]から[GET AWAY]それに続き この流れで聴きたくなるのは[冬の終わり][最後の冬休み]となりますよね⁉️

松任谷由実 その他の作品