10曲、41分

スタッフメモ

前作「ダイアモンドダストが消えぬまに」に引き続き純愛をテーマとした本作でも、描き出された世界観や音作りはわずか1年で大きく変化している。前作で導入されたシンクラヴィアはアルバム制作の核となり、ギターやブラス以外の楽器の多くは、打ち込みをベースとして緻密なレイヤーを重ねることに。また、楽曲に関しても、"リフレインが叫んでる"のドラマチックな展開や"Home Townへようこそ"や"恋はNo-return"の軽妙なエレポップ風味、"September Blue Moon"のラテンエッセンスなど、80年代型のポップネスを継承しつつ、バブルの喧騒とは違う、成熟したポップのあり方を見事に示した。

スタッフメモ

前作「ダイアモンドダストが消えぬまに」に引き続き純愛をテーマとした本作でも、描き出された世界観や音作りはわずか1年で大きく変化している。前作で導入されたシンクラヴィアはアルバム制作の核となり、ギターやブラス以外の楽器の多くは、打ち込みをベースとして緻密なレイヤーを重ねることに。また、楽曲に関しても、"リフレインが叫んでる"のドラマチックな展開や"Home Townへようこそ"や"恋はNo-return"の軽妙なエレポップ風味、"September Blue Moon"のラテンエッセンスなど、80年代型のポップネスを継承しつつ、バブルの喧騒とは違う、成熟したポップのあり方を見事に示した。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.8/5
12件の評価

12件の評価

ko333555

凄かった

当時 銀座のCDショップの外のワゴンで
それこそ 飛ぶように売れてました。

るぅちゃん☆ミ

やっとー!

まってました♪───O(≧∇≦)O────♪

shinymoon8

😍

懐かしい❣️大好きなアルバム

松任谷由実 その他の作品