10曲、48分

スタッフメモ

パブリックイメージの"ユーミン像"に対し、80年代においてその期待に十二分に応えた結果、ここに来て解き放たれたような自由な空気に満ちあふれた作品。軽妙な疾走感がみずみずしい"自由への翼"、名手・吉川忠英と武川雅寛によるアコースティックグルーヴとナバホ語が絡み合う"HOZHO GOH"、エキゾチックな大ヒットチューン"真夏の夜の夢"と、これまでのアーティストイメージを塗り替えるようなサウンドが次々と展開されている。大胆なファンクチューン"只今最前線突破中"の、粘り気のあるグルーヴの上で気ままに歌い上げる様はまさに圧巻。ノンコンセプトゆえに花開いた饒舌極まりない作品であり、とにかくバラエティーに富んだ内容だが、アーティストとしての確固とした自信と余裕が、ぶれることなくアルバム全体の芯に貫かれている。

スタッフメモ

パブリックイメージの"ユーミン像"に対し、80年代においてその期待に十二分に応えた結果、ここに来て解き放たれたような自由な空気に満ちあふれた作品。軽妙な疾走感がみずみずしい"自由への翼"、名手・吉川忠英と武川雅寛によるアコースティックグルーヴとナバホ語が絡み合う"HOZHO GOH"、エキゾチックな大ヒットチューン"真夏の夜の夢"と、これまでのアーティストイメージを塗り替えるようなサウンドが次々と展開されている。大胆なファンクチューン"只今最前線突破中"の、粘り気のあるグルーヴの上で気ままに歌い上げる様はまさに圧巻。ノンコンセプトゆえに花開いた饒舌極まりない作品であり、とにかくバラエティーに富んだ内容だが、アーティストとしての確固とした自信と余裕が、ぶれることなくアルバム全体の芯に貫かれている。

タイトル 時間

松任谷由実 その他の作品