9曲、35分

スタッフメモ

矢野顕子が初めてセルフプロデュースした、1978年リリースの3作目のアルバム。レコーディングはニューヨークで行われ、現地の一流ミュージシャンたちと丁々発止のセッションを繰り広げた。ハイライトとして対照的なのが、ウィル・リー(B)とリック・マロッタ(Dr)の"カタルン・カララン"と、フランク・ブレア(B)とスティーヴ・ジョーダン(Dr)の"ト・キ・メ・キ"という、リズム隊の異なる2曲。変拍子を伴って次々に展開を変える前者と、2つのベースパターンが少しずつディテールを変化させながら延々と続く後者は、いずれも矢野の類いまれな音楽センスを表している。"やめるわけにゃいかないわ"は、冨田 勲の名曲"新日本紀行"に矢野が歌詞を付け、大胆なアレンジを施したもの。

スタッフメモ

矢野顕子が初めてセルフプロデュースした、1978年リリースの3作目のアルバム。レコーディングはニューヨークで行われ、現地の一流ミュージシャンたちと丁々発止のセッションを繰り広げた。ハイライトとして対照的なのが、ウィル・リー(B)とリック・マロッタ(Dr)の"カタルン・カララン"と、フランク・ブレア(B)とスティーヴ・ジョーダン(Dr)の"ト・キ・メ・キ"という、リズム隊の異なる2曲。変拍子を伴って次々に展開を変える前者と、2つのベースパターンが少しずつディテールを変化させながら延々と続く後者は、いずれも矢野の類いまれな音楽センスを表している。"やめるわけにゃいかないわ"は、冨田 勲の名曲"新日本紀行"に矢野が歌詞を付け、大胆なアレンジを施したもの。

タイトル 時間

矢野顕子 その他の作品