12曲、36分

スタッフメモ

たんきゅんデモクラシーのメンバーとして活動していたヴォーカリスト、それいゆを擁する3人組バンド、SOLEIL。全曲モノラル録音ということからも60sサウンドへの強いこだわりを感じさせる彼らのファーストアルバムには、メンバーである元ザ・ファントムギフト、les 5-4-3-2-1 のサリー久保田と HICKSVILLE、ましまろの中森泰弘の楽曲に加え、真島昌利、カジヒデキ、近田春夫、高浪慶太郎らが楽曲を提供。モータウンビートを下敷きにした "魔法を信じる?" や、初期ビートルズのサウンドを彷彿とさせ甘酸っぱさが弾ける "恋するギター" など、時代を超えて愛されている60sポップスのエッセンスを詰め込んだ楽曲が並ぶ。14歳のそれいゆが放つ蒼いパッションとカラフルなサウンドが絡み合い化学反応を起こした、みずみずしくもエバーグリーンな作品だ。

スタッフメモ

たんきゅんデモクラシーのメンバーとして活動していたヴォーカリスト、それいゆを擁する3人組バンド、SOLEIL。全曲モノラル録音ということからも60sサウンドへの強いこだわりを感じさせる彼らのファーストアルバムには、メンバーである元ザ・ファントムギフト、les 5-4-3-2-1 のサリー久保田と HICKSVILLE、ましまろの中森泰弘の楽曲に加え、真島昌利、カジヒデキ、近田春夫、高浪慶太郎らが楽曲を提供。モータウンビートを下敷きにした "魔法を信じる?" や、初期ビートルズのサウンドを彷彿とさせ甘酸っぱさが弾ける "恋するギター" など、時代を超えて愛されている60sポップスのエッセンスを詰め込んだ楽曲が並ぶ。14歳のそれいゆが放つ蒼いパッションとカラフルなサウンドが絡み合い化学反応を起こした、みずみずしくもエバーグリーンな作品だ。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
19件の評価

19件の評価

サリー&カブ

さけなすさ

かおきララこなあうすこ
りなかくシサむゆえ

普段はロックオヤジ

おじさんホイホイ

なんてったってジャケの可愛さと『MONO』が光る。60’sな中身もツボ。

ゆめちゃん

クズ音

60年代は60年代。60年前の音を今聴くのが贅沢であって、テクノロジーが発達した今、
わざわざ古い音を出して録音して、
世に出す意味がわからない。この子だって絶対この音楽じゃなきゃイヤ!って程じゃないでしょ。日本の歌はいつまでもロリコンみたいな女の子に歌わせてアイドルなんだかアーティストなんだか曖昧な存在が腐るほど出てくる。
今は昔の音が流行りだからいいけど、
どうせセカンド、サードアルバムくらいになればその時の流行りのジャンルを取り入れるだろう。ただの粗大ゴミ。
こんなのにワイワイやってるキモ男も一生負け組でいろ。