スタッフメモ 2015年にリリースされたサードアルバム。シングル「Flowerwall」「アンビリーバーズ」の成功を経て、本作はアルバムチャートで自身初の1位を記録した。前作『YANKEE』リリース後に初めて正式なライブを行った米津玄師は、その後「ホープランド」の歌詞にも見られる率直な思いをリスナーに投げかけ、力強く風通しの良い音楽で多くの人々を巻き込んでゆくことになる。「ウィルオウィスプ」や「Undercover」といった楽曲には人々と連れ立って旅する情景が描かれ、出会いと別れ、そして再会への願いが幾重にも織り成す本作は、ロマンチックなロードムービーのような物語性を描き出す作風となった。