潜潜話

ずっと真夜中でいいのに。

潜潜話

2019年はEP「今は今で誓いは笑みで」がヒット記録し、"FUJI ROCK FESTIVAL’19"に出演するなど、次世代ポップシーンの注目株となったユニットのファーストフルアルバム。動画サイトで驚異的な再生数を誇り、その名を広めるきっかけとなった"秒針を噛む"など話題となったシングル6曲と新曲7曲を収録。ジャジーなスタイルのポップかつキャッチーなサウンドと、ACAね(Vo)の歯切れの良いヴォーカルが一体となり、さわやかな情熱を湛えた独自の音世界を作り出す。「潜潜話」(ひそひそばなし)というユニークなアルバムタイトルにも表れているように、言葉遊びをしながらも切実なエモーションに満ちた作品となっている。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13