見っけ

スピッツ

見っけ

ドラマの主題歌にもなった「優しいあの子」をリード曲に持つ通算16作目。カントリーロック的な高揚感を漂わせるこの曲のようなテイストは過去にもあったが、それがよりアップデートしたポップソングに仕立てられているのは、バンドが多くの経験を積んだ故だろう。近作で歌われ続けている生命という主題は「ありがとさん」に表現され、「ラジオデイズ」ではラジオという一見ノスタルジックな題材を今を生きる感覚とともに描写している。そして最後を締めくくるロックナンバー「ヤマブキ」のポジティブなエネルギーこそ、このアルバムの到達点。安定した作品作りが続く亀田誠治との関係性は、やはり装飾的なアレンジを排した本作においても吉と出ている。ちなみにアルバムタイトルと関連したビジュアルのジャケット写真に映る奇妙なキャラクターは「ミノムシさん」と呼ばれているとのことである。 

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12