耳鳴り

チャットモンチー

耳鳴り

2005年に徳島出身の橋本絵里子(Vo/G)、福岡晃子(Ba/Cho)、高橋久美子(Dr/Cho)でメジャーデビューしたチャットモンチーの、満を持してのファーストアルバム。日常でのふとした心の動きや捉えがたいぼんやりとした思い、何かが始まる時の気分や景色の変化を言葉にのせて、キャッチーなサウンドで歌い上げた曲は、彼女たちと同世代を中心にリアルで等身大の音楽となった。東京へ上京した時のワクワク感、同時に湧き上がる不安をも伝える「東京ハチミツオーケストラ」、また「どなる、でんわ、どしゃぶり」では電話での喧嘩をリアルに描き、心の乱れが歌だけでなくアグレッシブなアンサンブルにも映しだされている。作曲は橋本が手掛け、作詞は3人それぞれで描いていることも、より豊かな感情表現につながっている。橋本のハイトーンボーカルが切ない思いをさらに加速させる「恋の煙」や「恋愛スピリッツ」といった恋愛歌は、シングル曲としても多くの人に愛された。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13

ミュージックビデオ