12曲、37分

スタッフメモ

細野晴臣、大瀧詠一、鈴木茂という作曲家、そして松本隆という作詞家。後の日本のポップ・ミュージック史に大きな功績を残すことになる4人のアーティストが一堂に会していた奇跡のようなバンド、はっぴいえんど。再結成を除くとその活動期間はわずか3年程度だったにもかかわらず、日本のポップ・ミュージックの発展、特に “日本語でロックを演ること” という、長年続けられてきた試行錯誤に1つの答えを示した功績は絶大である。その代表作が1971年にリリースされたこの「風街ろまん」だ。後にソフィア・コッポラ監督の映画「ロスト・イン・トランスレーション」の挿入歌として使用されたことでも知られる "風をあつめて" など、バッファロー・スプリングフィールドなどに代表される'60s〜'70sアメリカン・ロックのサウンドを自分たちの体内に取り込み、そのサウンドの中で地に足の着いた等身大の日本語詞を消化し、古きよきの日本の街の情景を表現した世界観は時代を代表するアルバムと呼ぶにふさわしく、時代を超える魅力にあふれている。

スタッフメモ

細野晴臣、大瀧詠一、鈴木茂という作曲家、そして松本隆という作詞家。後の日本のポップ・ミュージック史に大きな功績を残すことになる4人のアーティストが一堂に会していた奇跡のようなバンド、はっぴいえんど。再結成を除くとその活動期間はわずか3年程度だったにもかかわらず、日本のポップ・ミュージックの発展、特に “日本語でロックを演ること” という、長年続けられてきた試行錯誤に1つの答えを示した功績は絶大である。その代表作が1971年にリリースされたこの「風街ろまん」だ。後にソフィア・コッポラ監督の映画「ロスト・イン・トランスレーション」の挿入歌として使用されたことでも知られる "風をあつめて" など、バッファロー・スプリングフィールドなどに代表される'60s〜'70sアメリカン・ロックのサウンドを自分たちの体内に取り込み、そのサウンドの中で地に足の着いた等身大の日本語詞を消化し、古きよきの日本の街の情景を表現した世界観は時代を代表するアルバムと呼ぶにふさわしく、時代を超える魅力にあふれている。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.8/5
108件の評価

108件の評価

horsemouth

かっけえ

はっぴいえんど、名前は知ってたけど初めてちゃんと聴いた。

めちゃくちゃかっこいいね、71年に日本人でこんなにロック
してる人達が居たなんて初めて知った。まったく世代の違う
自分でもいいと思えるのって何だかんだすごい事だと思う。
日本特有の歌謡曲臭さが全く無い。完全に日本語ロック
として消化しているんだろうな、と偉そうにに語る自分はただの
音楽好きの若造です。

これは聴いとくべき。

しんしん

感動してます!

はっぴいえんどで青春を過ごした世代には、感極まる配信です。
当時は日本語ロックなんか不良の音楽と呼ばれ全く相手にされなかったのに、彼らの目指していたものが
間違っていなかったことが、今もって証明されています。細野、大滝、鈴木、松本の全員が日本音楽に
欠かせない大御所になっています。改めて聞くと松本隆の詩のすごさがわかりますね。
エイプリルフール、シュガーベイブの配信もはやく!!

レザーフェイス

音楽に国宝指定ってないの?

これこれ。ジャケ、内容共にパーフェクトな邦楽の奇跡。

はっぴいえんど その他の作品

他のおすすめ