14曲、52分

スタッフメモ

アルバムタイトルは2020年発表の20枚目のオリジナル作ということで発案されたもの。人気テレビアニメのエンディング曲"いつもの風景"、伊坂幸太郎原作の映画主題歌"小さな夜"など、前作同様全てのパートを斉藤一人で行った楽曲に加えて、主軸を成すのはライブツアーのバンドメンバー3人と一緒に仕上げた楽曲群。リハーサルスタジオでのセッションをそのまま録音しながら制作されたその多くは、印象深いラフさと勢いを感じさせる。ユーモアがさく裂するファンキーロック"万事休す"、飾らない素顔が歌詞にのぞくジャズファンク的な"シャーク"あたりはその代表例。各楽器の鳴りも良好で、ナチュラルなバンド感が心地よいアルバムに仕上がっている。

スタッフメモ

アルバムタイトルは2020年発表の20枚目のオリジナル作ということで発案されたもの。人気テレビアニメのエンディング曲"いつもの風景"、伊坂幸太郎原作の映画主題歌"小さな夜"など、前作同様全てのパートを斉藤一人で行った楽曲に加えて、主軸を成すのはライブツアーのバンドメンバー3人と一緒に仕上げた楽曲群。リハーサルスタジオでのセッションをそのまま録音しながら制作されたその多くは、印象深いラフさと勢いを感じさせる。ユーモアがさく裂するファンキーロック"万事休す"、飾らない素顔が歌詞にのぞくジャズファンク的な"シャーク"あたりはその代表例。各楽器の鳴りも良好で、ナチュラルなバンド感が心地よいアルバムに仕上がっている。

タイトル 時間

評価とレビュー

3.0/5
2件の評価

2件の評価

てんやわんや214号

やっぱりずっと追いかけたくなる。

せっちゃんの曲にはいつもブレない芯のようなものを感じます。
このアルバムを冠したツアーもあるのかな?

斉藤和義 その他の作品