スタッフメモ レーベル移籍を経て、デビュー5周年の2020年に届けられたアルバム。前作『Catch The One』は、力強く華やいだサウンドとメッセージが印象的だったが、本作では一転して“別れ、それぞれの道で成長する”といった人間関係をテーマに据えた楽曲が多く収録され、深い情緒とソウルフルな曲調が相乗効果を生む作品になった。いしわたり淳治が作詞に参加した「最後の口づけの続きの口づけを」や、ESME MORIがアレンジを担当した「ブルージー」では、atagi(Vo/G)とPORIN(Vo/Synth)のボーカルが恋人たちの切ない距離感を伝えている。また、久保田真悟(Jazzin’park)がアレンジを施したジャズ/ファンク「Okey dokey」は、バンドのアニバーサリーにふさわしく新たなマニフェストといえる楽曲となっている。

ソング
トビウオ
1
3:32
 
アンビバレンス
2
3:19
 
最後の口づけの続きの口づけを
3
4:44
 
Heart of Gold
4
3:18
 
バイタルサイン
5
3:56
 
タイムスペース
6
3:21
 
Black and Blue
7
3:41
 
but ×××
8
3:21
 
ブルージー
9
3:12
 
Okey dokey
10
3:18
 
STREAM
11
4:16
 

ミュージックビデオ

Awesome City Club その他の作品

おすすめコンテンツ