峠のわが家

峠のわが家

ジャケット写真の柔らかな印象とは裏腹に、前作に比べてエッジの効いたサウンドが目立つ9作目のスタジオ作品。"ちいさい秋みつけた"のクールなアレンジをはじめ、"一分間"、"そこのアイロンに告ぐ"では得意のジャズテイストが復活。その一方で、盟友・大貫妙子の代表曲"海と少年"とオフコース"夏の終り"のカバーや、"David"といったポップなナンバーも披露している。スティーヴ・ガッドやアンソニー・ジャクソンらアメリカ勢も参加しており、バックの演奏力にも目を見張るところが多い。日本勢によって録音された"Home Sweet Home"のエンディングで、高橋幸宏が叩く小節を飛び越えたフィルインも聴きどころの一つ。

ディスク1

ディスク2

国または地域を選択

アフリカ、中東、インド

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ、カリブ海地域

米国およびカナダ